好き好き超愛してる。

水底の遺物、繭の中、かたち。

一文

仕方ない私

一文

普遍的な配分の自身

一文

行為になる筈では? 如何して。そう云うもん。

一文

当たり前に存在するから、どうしたい?

一文

明日

一文

世界と私、その事実。

一文

家族コンプレックス継投

一文

〈活動〉する為に

一文

伝わらないことに怯える(伝えようとしていない。話す必要もないのに。なぜ。

一文 解りやすい言葉の構造に反吐がでたのか越えられぬことを悟っている自分に嫌気がさしたのかは知らないけれど其処から離れた。遠く言葉を探した。見つからなかった。見つかるはずもなかった。自分の中の当たり前さ以外に存在するものはない。綴って綴って…

含蓄

一文

許せる人なんていたのだろうか

一文

全く何もしていないのに書こうとする。そして何も書かずよたれる私は。

一文