卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

寝ている人にはお休みという言葉がよく似合う。

一日一文

「進め進め。そして死ね」

一日一文

交流戦は負けすぎない運動が展開される

野球

二年振りに甲子園にいく

一日一文

見栄張りさんは永遠な見栄を張る人?

一日一文

擦り切れたビデオテープを捨てて傷だらけのDVDは軒下にでも吊るしてスマホで一昨日見た動画を遡る気はしなくて

一日一文

間抜けなこと。

一日一文

歩いているっていうか立っている人

一日一文

そこに立っている人は

一日一文

ある日突然/後はご勝手

一日一文

空っぽ

一日一文

解釈さん

一日一文

海底の砂屑

一日一文

向き合って話す

一日一文

むと言えば村上だ

図書室巡り

確認に至る

一日一文

劇場版CLANNAD

視点のしずく

そう云うことにしておく

一日一文

名残かも、明日の要因

一日一文

中身がないに怯える

一日一文

道に触れる君

一日一文

道は一つだろうと

一日一文

あなたが詩じゃ言葉はどうなるの。

一日一文

生存の午後

一日一文

川岸でふらふら泳ぐさかなをとって焼いている

一日一文

希死念慮

一日一文

生きる

一文

内と外で君はエゴ

一日一文

光進

一日一文

線と箱

一日一文

言葉はそれらしき

一日一文

未来さま

一日一文

奇妙とあほうと馬鹿

一日一文

当たり前の砂糖に蟻は塩を運ぶ

一日一文

彼女達の集約

一日一文

選ぶな本を

一日一文

バランス感覚のない人は落ちる前に座る

一日一文

素朴なる君

一日一文

水平線の兄弟

一日一文

瞬間、君は言の葉

一日一文

判断なわたしの日々

一日一文

今そこにいる僕

一日一文

一日一文

おいお前三年程度の戦争で目を逸らすというのか。 戦争を何年もかかるものかと思っていた僕は喧嘩はそう時間がかからない事実を頭に浮かべて納得と不良消化。 10年間を超えてしまった君に手紙を書くよ。 僕は馬鹿。 さんまを頭に載せて宇宙へと旅行するべき…

若輩者

一日一文

マッツァーを持つ男

一日一文

君を思考する

一日一文

Licorice Leaf

一日一文

続きが可能となったあなたへの述懐

一日一文

音痴

一日一文