読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにゃっ

かたちだよ♡

思いはいつになったら融けるんだろう? 消えない。重い。ただ在るだけで触れない。 融かして。侵して。なくして。 ただやれば消えるのか。 消えない。痛く辛く。 死んでしまえ。逃げないで言葉なんて呟けるか。 端に行き端に生き、何処まで行けば気付けるん…

割合7:3。もう少し他のところで建築して、残りの3をぶつける。作業がいる。自分をあげる。

まあ綴り

2016 アニメ

綴り

さんまの降った街から 長い そんだけ。

映画 メモ

記憶と記録

ここ数日時間感覚が変わった感じ。1日で3日過ごした感じ。ただそれだけ。

さようなら消化の日々 羨ましい。あなたは消化したのね。どうでもよさをそれとともに。なんでもないを彼らとともに。 悲しく寂しくひたすらもう戻れない。現在も過去も未来もどこですらも出会えない。ただ生きて死んでさようなら。 消化消化。わからない日々…

雨が降っている。傘がいっぱい。雨は弾かれて飛んでいって地面に散らばる。「雨もかつてはほしだったんだって」 口からこえがこぼれている。耐えきれなくなったんだろう。「ほしはそらだった」 そらは雨雲。ちょっとした雨が軽く緩やかにおちている。「もう…

なにもないのは自明。それでもやれないならばそれは霧でなんでもないこと。だからなにもなくてもやれるのをやりなさい。それが本当だから。 ていうのは虚言で実際はなにもないならなにもできない。もしできているならばそれは誰かの塵。あなたは雪の上でダン…

「いつまでそのキャラ続けるつもり?」「演じきり自分の血となり肉となるまで」 アイカツ8話でのジョニー別府先生と織姫学園長のやりとり。 序盤ということでジョニーさんもキャラが板についていない。9話ではプレミアムドレスの件で地がでたり…まだまだな感…

おれが心底愛してるのはこのできる限りを疎外してだれすらも掬うことのないぺらぺらなことば。救いがない。なにものにもなれやしない。自分の生きる強度がこれぐらい。何も掬えていないわたしに相応しいことば。 なにがわたしか考える。生きる為にどうすれば…

薄い。だれに対しても。それだけ

身体によってせかいはつくられるからわたしがあなたのからだならあなたになっていたでしょう。肝に銘じて。 総ての思考はわたしのためだから身体にはいっていないものはまったくの頓珍漢。肝銘じ。 あなたはあなた。わたしはわたし。忘れてはいかん。あなた…

思い込みの方向性によっては簡単に倒れてしまうがそれもまた、か。 色々な思い込み どこも僕の欠陥 いっぱいしようね 埋めようね はてはて といいながらかなり偏った思い込み 知らないだけでそとにでちゃうと血まみれになる そとはどこ? わからない 知って…

掬い上げられる量が少ない。 何事も自分が書き出せている以上のものを見いだせていない。 あまりに不出来 とにかくただ書いて認識量の多いものを書く為 かいていく

ただそういうものに浸かりたいだけか。 なにもかもそう。 ただそのまま乗せていくしかない。 芯で振りある程度を拾い上げる為には身体をとにかく大きく強くしなければ。 やっていくだけです 以上

自分で楽しめていない。楽しいと確かめながらやっている。 あまりに足りない。 外と内の判別つかず。ショックが足りない。もっと動け。何処にいるかわかれ。 違いをわかるため知れ。観まくれ。以上

beautiful world

薄いヒタヒタを限りなく薄くまるで存在しないようにただ沈んで。わたしはここにいますか。ただ独り言。 独り言と認識しなお独り言。ただ総てを知った先にわたしがそうならばあなたと手を繋げるでしょう。 まったく違うもの。でもそれは確かなわたしとして在…

おれは人を好いたことがあるだろうか、いやない。 おれは人に好かれたことがあるだろうか、いやない。 どちらも嘘だと思いたいし実際違うかもしれない。でもやはりそう思ってしまう。常に自らを生まれていないことにする。そうすると和らぐから。 それでもや…

四年ぐらい知り合いすらいない。ただ社会さんにいるひとと親族さん以外。誰とも話していない。 まあ結局どうでもいいからなんだけど。いつか自分のなかでそういう存在ができたらいいなとは思っているのです。会えたらいいよね。自分がそうなれたなら会えるだ…

愛したいんだねきみというひとは。「愛したい‼︎」 じゃあなかとねなかぬと100回いってご覧。「なかとねなかぬなかとねなかぬなかとねなかぬ…」 それっきり彼女は動かなくなった。 なかとねなかぬ。魔法のことば。資格のないものが安易に扱うものではない。「…

「もっと大きなおはなしが必要よ。例えばけむくじゃらのような…」 わたしにはないのかな。そういうはなし。 あるかもね実際は。でもないようなもん。あるけど死んでる殺してる。「そういうことにしてるだけなのかな。訓練ってやつなのかな。鍛えれば済むはな…

本当に死になったものだけが死ねる。死にならなければ死ねない。本当だけがいつまでも。うそはただそのときのための誤魔化し。暇つぶしなんですね。

消えろこのくそ野郎

もうしるか。死ね。はっきり言う。死ね。 自らに問おう。どこまで呪う。どこまで殺す。他者を介在しずただかつてのみでおく状態にならざるを得ない者は得てして自らを恥じる。死ね。殺したい。 誰しも自らを殺したい。愛せざるを得ない境遇を殺す。自ら、そ…

文章1

文章5

あああほうである。今すぐ破壊しにいかなくてはならない。「惑わしの自らたち。どれだけあんたはあんたなの?」 ぶっ殺す。お前というやつはなんて自己欺瞞。遊びに遊びを重ねどれほどまでにサファリパークになるっていうんだ。 おれもまた惑わし嘘つきくそ…

あなたと手を繋いでいたはずだったんだけどね。いつの間にかどこかいっていたんだよな。これが。 いやね手はねずっと繋いでいたの、それは確か。 なんでだろうね否定はしたくないけどね。やっぱり僕の錯覚だったのかな。いつの間にかまやかしと繋いでいたん…

文章4

文章3

文章2

文章 1

わたしのゆくえ

快楽。なにに感じるの? 果たして果たして。 生きるために。その場に合わせるならば。歪かな? 無口。実際はどうか。ただ話せないわけでは。口からでまかせ。ぺらぺらぺら。 実際どういう人? わからん。聞くか。 自分をもつことが嫌いだ。言葉を嫌った。こ…

文章

4 あなたと手を繋ぎたい

文章

3 紙飛行機

文章

2

雑記

判断とは如何なる方法で為されるのか? 瞬間当たり前を選択。ならば当たり前とは? せかいにはなにもないが在るが存在しようとすると確かに其処にしか存在できない空間があって。擦りもちょっとしたずれみたいな感じで引き起こったものだろうがそういう空間…

文章

連続していけるなら続いていきます

せかいにはなにもない。わたしたちはどうする?

無いことが当たり前なら在る事は嘘であろう。わたしが生きる、わたしは本当になるとは言ってはいるがそれは果たしてなんなんだろう。満たされたわたし、瞬間の蓄積のうえに到達するそれは果たしてわたしなのだろうか。どこまでいけばそれは達成されるのだろ…

雑記

行動がわたし。私の身体はてんでばらばら。脳の改札口上手く作動していませんでしたからエネルギーが偏ってうわわ。ないとこもありゃあり過ぎ問題も。 まずは改札口直そうね。通りを良くしてお客さんが笑って入れるように。わたしの方から入るなグルル〜って…

雑記

他者は言葉をはっきりとした意志として取る。わたしもそうだろうか。ただその域までいっているやつが多いわけではない。意志にまで上り詰めた生き方の末の言葉なんてそうはいない。あなたの言葉は立場を利用した言葉。ただそれがわからず誤解して認識する。…

雑記か

昔自分の現状をコップで表していたのを思い出した。自分のコップは満タンでもう引くことなくただ水を入れても溢れるだけ。なにもしないとなにも起こらず自分を保っていられるが、少しでもストレスを与えると直ぐに心が崩壊すると。 まったくもってその思考の…

雑記

わたしは会うのが怖かった。みんなとあのときのみんなと。わたしはなっていた。ただ最高のわたしに。頭の中で。 見栄を張るという。わたしは恐れて誰にも会わないように暮らした。あいつがいる場所あのこがいる場所。全部が全部から逃げていた。話して露天す…

雑記

今もかつてもこれからも。わたしへと帰る旅。それぞれのわたしを把握して連れ戻す旅。わたしになるとはそういうこと。わたしという環境は一身として生きられずどうしようもないごまかしの末分裂しまったくといって死んでしまっていた。その間脳が生きている…

かたちとしずく

いままでのわたしからいまのわたしへ

昔書いたやつ

昔書いたやつなのですがどこにもおいてなくて。ここでやっていた成分が多いのでここに置いておきます。自分に対する戒め改め呪いです。

雑記

雑記

雑記