読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにゃっ

あの星のふもと、かたちが手を振っている

ファフナー

youtu.be

 

これを観るとただのいいでは済ませられません。十年後だったいま、否が応でも知り立ち上がるしかなかったこの始まりはあまりにも小さくて。確かに僕たちは楽園で暮らしていたんだ。あまりにもせかいを知りすぎたいまそれに対する感想は哀しみと虚無と。あのとき始まるしかなかった。僕たちは確かに歩いていくしかなかった。