読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにゃっ

あの星のふもと、かたちが手を振っている

文章

連続していけるなら続いていきます 

 

都会のそらはなんにも変わらないただのそら。わたしはなんにも変わらず存在してた。全部溶けていった。なんにもなかった。

わたしが歩くと溶けちゃうよ。そういう噂は伝播する。立ち入り禁止。ここにすらいられなく。宇宙に飛ばされる。船の中で永住しなさいと。

船ですら溶けちゃうね。3、2で溶けちゃった。どうしようもない。わたしは悪魔。逃げられない。爆弾ですら効きません。諦めるしかありません。

せかいは溶けました。全部溶けました。もうなんにもありません。わたしだけ有ります。溶けていったもの憶えていますか? わたしはいるのにほかはなんにも。悲しかった。なんで溶けないの? なぜ?

わたしは生きたくありませんでした。どうやったら死ねるのか思いつきませんでした。溶けたせかいにはなにも存在せず。死に方も消えちゃいました。わたしも溶けたらよかったのに。今となってはあとの祭り。溶けようがない。なにを思ってもなにも出来ない。死ぬことは出来ませんでした。生きていました。


動くこと、生きる事。わたしは在るけどとっくの昔に溶けていたのかも。なにも出来ないのならいない、ない。わたしは誰よりも先に溶けていてだからこそせかいを溶かしちゃった。みんなには悪いことしたかも。でもわたしそんなのどうでもよかった。なぜこんなこと考えるのだろう。わたしはもうとっくにいない。いつまでもあのときに出来なかったこと。わたしが溶けてしまう前に出来たこと。そういうこと考えちゃう。みんな溶け散ったからね。もうなんにも出来ない。わたしは在るけどそれだけ。だれか教えて。救って。溶ける前の溶けているわたしに。せかいは最初からなにもないのが当たり前だから溶かさなくていいんだよ。あなたがいるのってそういうことだよ。溶かしたのなら溶かしたとしても。あなたは溶けずいつまでも存在してしまうよ。だからね溶かさないでなにもかも。あなたは何時までもそのときのあなたのまま溶けないで存在し続けちゃうよ。だからね溶かさないで。お願い。わたしは溶かしたこと後悔しているの。もっとちゃんと生きていたのなら溶かさなくても溶かしてもわたしが在るなんてことなかったから。よくわからずに溶かしたからわたしはまだいているの、なにも出来ないのにね。成仏できないの。救われないの。わたしには余りにも遠すぎるから。なにもなくしてしまってその在り処ですら溶かしたから。わたしはしたいだけが残ってる。溶かすために溶かしたんじゃない。自分の存在を知るために溶かしただけ。それだけのために溶かしたから。わかっただけで次に行きたくてももう行けなくなっていた。助けて救って別の方法を模索して。生き方を教えてあげて。生きるを感じさせる別の路あるはずだから探すということその路があること、そして進めること。教えてあげてください。お願いします。わたしは生きたい在りたい。なれないまま一切充たされない歪なまま終わらざるをえなかったわたしに少しの路を。あなたなら示せる筈。だからこそわたしのはなしに出会えたのでしょ? もう溶けた筈なのに出会えたのですからそれぐらい可能でしょう。頼みます。深海のこえを拾えたあなたなら。救える筈なのです。あのひとに溶けかたを教えてあげてください。頼みます。