好き好き超愛してる。

水底の遺物、繭の中、かたち。

「もっと大きなおはなしが必要よ。例えばけむくじゃらのような…」

わたしにはないのかな。そういうはなし。
あるかもね実際は。でもないようなもん。あるけど死んでる殺してる。
「そういうことにしてるだけなのかな。訓練ってやつなのかな。鍛えれば済むはなしかな」
でもやはりそうなのかもしれない。わたしには鍛錬が足りないのかもしれない。ならばやるべきことはただひとつ。走り込みだ。
アイカツしてくるよ。これからはそういうもんだ」