好き好き超愛してる。

水底の遺物、繭の中、かたち。

四年ぐらい知り合いすらいない。ただ社会さんにいるひとと親族さん以外。誰とも話していない。

まあ結局どうでもいいからなんだけど。いつか自分のなかでそういう存在ができたらいいなとは思っているのです。会えたらいいよね。自分がそうなれたなら会えるだろうから。

 それまでただやっていくのです。いけーわたしそれいけわたし。それだけなのです。