卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

思い込みの方向性によっては簡単に倒れてしまうがそれもまた、か。

色々な思い込み

どこも僕の欠陥

いっぱいしようね 埋めようね

はてはて

 

といいながらかなり偏った思い込み

知らないだけでそとにでちゃうと血まみれになる

そとはどこ? わからない

知ってると簡単なんだけどね。

僕にはわからない。

 

なんとなくでどうでもいいがそれでいいやって無くなっていくのがオチだけど、それでもなぜか嫌だなってのもあって。

まあどうやったってここに帰ってくるかもね。そう思ったら無くなるね。

でも浅いし瞬間だしどうでもいいって思いながらもほんの少しは嫌だって思ってるんだ。ほんのちょっぴり。

 せかいがほんとにわたしだけのときはわかりやすかったよね。ほんのちょっとまえのブログとかそれよりむかしツイッターでやってたしずくとか。わたしのごくわずかだけが発露していて。他のことには知らんぷり。わからずね。

 

 でもそういうもんなんだ。それを認識してなおなんだ。人間は変わらない。割合は変わらない。割合はね。

矮小も矮小なるわたしのせかいかえたいあほうちゃん。残念ながらごく僅かだね。見えないほどだね。うん。

 

結局生きるのなか。もしやりたいなら普通にやってそれでいてやっていかないと。駄目でも阿呆でもそれでもだ。

 

ただ地道に一つ一つしっかりと出来るように動く。ただそれだけでやっていく。できないしできなかった。そういうもん。

 

わかんないけどまあやっていくだけだけど。いままでのわたしからいうと進め後退停滞バタンキュー。難しい。

 

こういう文章を書くのってわたしの中でもかなり割合の小さいあほうちゃんの力だからね。割合的に闘争が多いひとには負けるね。多分そういうことかもしれない簡単に叫ばれる才能ってやつは。

 

まあ全体が全体、わたしってやつはふにゃにゃー人間ですから、なにをやっても一緒なので。とにかくいまやっていることぐらいは、やっていきたい。小さいですがこの子は負けたくないといつも叫んでおります。胸チクチクです。尊重しています。とにかくやってきなさいって。

 

割合広げる難しい。それやろうとすると死ぬね、まちがいなく。

でもそれでも、それを乗り越えたひとだけがいきられるんだろうね。

ぼくにはなかなか難しい。怠惰すぎる。こたつにみかん。ねこですか

それでもさ意識ロケット実態ナメクジでちょっとずつやれることは増えてはきているんだよね。

だめだめでいつまでもつかもわかんないけど、それでもやっぱり自分は自分だから仕方なくともよっはらそいでやっていくしかないね、うん。

 

まあなめくじですがベタベタ停滞後退戦闘放棄を繰り返しても何度でも諦めても、それでもまたやっちゃうぐらいのあほうさではあるはずだから(そのまま放棄でずっと心残り、消化せずだけど少しづつ出来るようになっていますからね、ほんとうですよ?

 

てんでばらばらですがそれがぼくの程度なんです。まあいいかって具合にね。それでもやりますはいわたし。