読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにゃっ

あの星のふもと、かたちが手を振っている

一週一文

かつお cd ニュース 平沢唯 自動販売

 

一週一文はその週で陥ったwordをほじくり絡み合いひとつの文にするひとつのあほでございます。一回目は「かつお cd ニュース 平沢唯 自動販売機」たちでてきとーに動かしていきたいと、はい。

 

 

飯を食う。かつおを食っている。市販のパックに収まっているかつお節というやからをてきとうに食べている。食事に興味はない。食卓は読まれることのない新聞の山。誰も観やしないのに公共放送で流され続ける日曜日のサザエさん一家がこの家にも流れている。ただ黙々かつお節を口に運ぶ。味がしない。なぜこのようなかつお節がたこ焼きや豆腐のうえに載るのであろうか。かつらの役割みたいなもんか。そんなもん家庭の食卓にはいらない。豚の餌だ。俺は豚。ただどうでもいい日々。なにもかも。
ヤイヤイトーヒトヒトヒトノー
俺は驚きテレビを見る。電波ジャックだ。日曜日の当たり前にノイズ。かつおの顔がぶれてぶれてタコのようだ。
「爆発だ。アニメは濃密だー」
画面からサザエ臭は完全に消え去り平沢唯がその狭い画面を占領した。
「日曜日はわたしが奪った。ただの余りの当たり前にわたしはしない。血だ。生き血だ。わたしは示そう。この場所はゴミではない。生きる場所だ」
平沢唯はただただ御託を並べ喋り続けている。私はただ箸を動かしながらチャンネルを変えていく。何処にも平沢唯しか存在しない。わたしはテレビを消した。余りに煩かったのだ。ただの豚としてもリズムがあるのだ。邪魔をしないでくれ。
わたしはかつお節パックを食い終えると食器を洗い置き自室へと戻っていく。途中自室で平沢唯をただ流していた母が萌えだよあんた萌えがここにいるよと忙したてていたが構わず戻った。

翌日わたしは外を歩いていた。用事があるのである。途中で自動販売機でジュースを買う。ラベルのイラストは平沢唯。中身は違えど全てが平沢唯である。
ここら辺一帯は平沢唯に存在が締められた場所である。日曜日六時半の番組がサザエさんならばこの街の存在は平沢唯である。余りに馴染みに馴染みすぎて誰も気に留めない。当たり前過ぎるのだ。困惑や嫌悪など湧かない。空気過ぎるのだ。
缶に描いてあるぐらいならちょっと意識すればあったよねと気づけるのだが普段鳥の声が平沢唯ボイスであったりそこらの道中に平沢唯フィギュアが落ちていてもわたしは気づかず蹴ってしまう。かつて平沢唯けいおんのなかの一人のキャラだったときにはこんな酷い行為など余程意図的にでない限り行われなかったであろうが。この街では平沢唯が圧倒的過ぎる。だからあのそびえ立つビルが平沢唯であったりそらから見れば街の形が平沢唯だったとしても何の違和感もないのだ。平沢唯は余りに溢れているんだから何の問題もない。
わたしは平沢唯の缶を飲み終えるとゴミ箱に捨てた。もちろんゴミ箱も平沢唯である。この街では当たり前だ。
「とっりあえずけいおん楽部ってところにはいってみました」
街の放送だ。なんだろう。
けいおんっ」
わからん。
「あっああかみさまどおしてすきになるほど〜」
なにを伝えることなく終わってしまった。いつもこんな案配である。
わたしはとにかく歩く。平沢唯のキャラソンがどこもかしこで流れている。風だ。いびきだ。なんてことない当たり前の日々。平沢唯のギターが生えている。そこらじゅうだ。アスファルトを突き破り生えてくるので世間では問題になっている。わたしは別にそんなもの問題なく通り過ぎるのだが。
そうやっててきとうに歩いていると話し相手の木村がベンチに座っている。俺より早く来たようだ。
「よっ」
「よっ」
挨拶を終えると横に座る。わたしはただ正面だけを向いて話し始めた。
平沢唯は一体どこまで浸透していくのだろうか」
「懐かしアニメのキャラだからな。最早ひとのなかに馴染みすぎている。此処までとは思わなかったが」
「まばら偏在的ではあるがどんどん汚染していっているぞ。ついにサザエさんにまで侵略した」
「しかも猛烈に濃く鮮烈についてきてやがるからな」
「あれじゃサザエさんの枠はなー」
サザエさんの枠をかっぱらうにはあれほど打ち抜かなければいけないのだろう。この街のように」
「誰ももはや気にとめんからな」
「みんなの脳のなかに平沢唯が住んでいるみたいだ」
「ウイルスか」
平沢唯ウイルス」
「飲み込まれているな俺たち」
「もう胃のなかかもしれぬ」
木村は立った。
「街はどんどん平沢唯になっていっている。一週間前会ったときには平沢唯ボイスは街をしめていなかったというのに。このままじゃ街は全て平沢唯になってしまう」
平沢唯に纏められるのか」
木村は首を縦に振りこの場を去った。俺はただベンチに座り耳をすませる。平沢唯の声でいっぱいなのであろう。余りに溢れすぎて何も聴こえなくなった。

テレビもインターネットもそこらじゅうに平沢唯が在る。ツイッターのアイコンは平沢唯が多数を占めiTunesに含まれる音楽はほとんどが平沢唯のボイスによって構成されつつある。
平沢唯という物質がどんどんと滲み存在、概念と化しそれを超えて現に偏在した平沢唯が姿を現しその付近の空間に浸透していく。薄い布のしたで地道に力を蓄えてきた平沢唯への思念がどんどん表されていく。うちの母にも届くであろう。平沢唯に染められるだろう。当たり前になり、なり過ぎて気付かないところに行きそして、わたしたちは平沢唯と呼ばれるようになるのだ。
多数消費された平沢唯。かわいいに消費された平沢唯。精液にまみれた平沢唯。耳にタコができるほど消費された平沢唯。カセットテープのなかに彼女の声があった。
「うんったんっうんったんっ」
テープが千切れた。もう聴けない。でも大丈夫。ラジカセはそこらじゅう。カセットテープは常に稼働している。平沢唯の声が流れ続けている。暗闇のなかただ流れている。
平沢唯がそこに立っていたとしよう。彼女は一体なにをするのであろう。転けるのか。欄干に張り付いたカエルを眺めているのか。わたしには掴めない。平沢唯が掴めない。彼女はそこにいるのにいないような。そんな気がするのだ。
家にはDVD。未開封のDVD。つい最近購入したけいおんのDVD。購入しなくとも平沢唯が占めるこの街には幾らでもけいおんが存在しているのだからあほうだろう。そんなわけない。物体としてそういう存在として纏われている彼ら、DVD。通さなければわたしはそこに実在性を保てないのだ。現にただ街中に流れ続けている平沢唯にだれが実在として接するのだろうか。わたし達は彼らに実在性を求めたのではなかろうか。いつの間に平沢唯は当たり前、それを超えて実在に実在を重ねた自然として現れるようになったのであろうか。思いに思いを重ねた平沢唯。余りに重層的で簡単には掴めない。
平沢唯がガムを膨らませている。草原のうえパーカーを被りぼんやりとした目で夜のそらを見つめている。風が吹いている。涼しやかでわたしへと没入できる風。
なにを考えているのだろうか。平沢唯はなにを悩むのか。平沢唯に対してわたしは浅くなにもわからなかった。
DVD。未開のDVD。平沢唯の言葉。はっきりした言葉。わたしはひとつも知らなかった。

「ニュースです。最近森の木にCDをかけるのが流行っているようで…」
朝ごはんにたまごかけごはんを食している。平沢唯。街に平沢唯が浸透しきった。いつの間にか街は完全に平沢唯になってしまった。でもわたしは生きている。存在している。わたしとしてここにいる。
「余りに強すぎる平沢唯はさらにさらに存在を超えて進化を続けている」
「概念を超えて物質として再び現れるようになった平沢唯。その平沢唯がさらに進化を拡げもう一つの上へと飛んで行ったのか」
「概念になって尚私たちのもとに現れた平沢唯。その平沢唯はわたしたちの全てを吸収し包み込みわたしを囲い込んでしまった。概念を超えた」
「俺たちは包み込まれちまった」
平沢唯にな」
そういって木村は去っていった。挨拶もせず。
「おい木村」
ただ歩いていく。
「お前またここ来いよ。俺も時々くるからよ」
木村はいってしまった。何の反応もなく。

日曜日六時半。あいも変わらずだれも特に面白みを感じないサザエさんがやっている。俺はただ流して全く見ていない。かつお節を食っている。豆腐のうえに乗せて食っている。上手くない。豚の飯だ。それでも俺はただ食っていた。サザエさんもやっていた。毎週日曜日六時半、サザエさんはやっていた。