卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

揺れる殻

美しい星

 色々言い分とか思うところが有るから離れたのです。って傲慢だなぁ。傲慢な文章はないのかね、はてはて。


美しい星をみてきた。此れに観に来る人は三島由紀夫さんだったり俳優さんだったり監督さんで来るのでしょうが僕は平沢進の金星が使われているから行きました。

自分の居場所をどんどん嵌めてみるとこんな位置なのかなって思いますね。元々弱いのか愚かなのかなんて分かりませんけれどそうでも思うしかありませんね。して享受するしか如何しようもなく……。

空想であったり夢想、僕たちの位置って云うのが映されているのかな。外部って云う内面に差し込むことの出来なかった世界たちとは接する位置には居られるんだけど撫でるだけで対面は出来ん我らかね。其処らへんが解るからやっている人の領域と調整とか余り遣らなくてもみることが出来たし造りが面白かったね。自分には良いを感じれたね。

そう云う世界で映画は進んでいくんで何かあったとか何をしたとかほんと如何でもいいことだから所謂一つの受けやすいものではないし、でも僕はそれが好きだね。此れで商業まで上がれていることを尊敬しますね。

まぁ見せかけと私とそんだけ。一番は撮りたいと目指したいとたいたいさんだね。其れが一番でしょう。



金星のシーンも良かったよ。僕の一番好きな歌だから下手な使われ方だったら落ち込んだけれど良かった。まぁそんなんじゃなくちゃ使われなかっただろうからね。

 

 

 何か書きたいなぁって思った。良い映画でした(単調的コメント。