卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

そう云う意識はない

フリップフラッパーズ

 フリップフラッパーズで僕が良いと感じた所

 

f:id:sotononaka:20170709072235p:plain

校内の果ての忘れられた空間。 

 

 

f:id:sotononaka:20170709071757p:plain

赤い髪の彼女が本拠地と決めると

 

 

f:id:sotononaka:20170709071735p:plain

こうなる。

 

 

f:id:sotononaka:20170709071756p:plain

土管の中は〜?

 

f:id:sotononaka:20170709071823p:plain

謎の空間が展開されていた。

 

 

無人島で救難する危機に陥っても

f:id:sotononaka:20170709073911p:plain

 

 

家があるから

f:id:sotononaka:20170709071819p:plain

大丈夫。

f:id:sotononaka:20170709071825p:plain

 

 

 

 

赤い髪の少女パピカは抜けた少女で余り他者という存在であったり危機への理解が薄い。それ故に無茶であり得ないという行為も此方からの目線でみると平気でしちゃう。

そんな彼女は此処を家と決めると家になる魔法があるみたいだ。あれだけ中身がもふもふな土管ならまだしも砂浜一日目で中々に整備が進んでいない家で寝ていても二人は全く不自然ではない。家の中に入りきっている。横の普通の少女であるココナでさえこのなりきり様は見事である。家と決めたら家。印象に残るシーンであった。僕なら砂浜は渋々だね。流石にね。