卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

虐殺器官

2017 視聴アニメ

どうなんでしょう? どうなんでしょうとはなにかというと原作の内容を忠実に映像化した作品はファンにとって褒美以上のものを与えるのでしょうか? 少なくともやはり上がりすぎた作品の位置、色々なしがらみの中で育まれた作品もまたそうならざるってものを了承したり肯定して此処にいたりとか。
かたち個人的には面白い面白くない関係なく近場の映画館で放映する連続アニメ系列ではないアニメ映画はどうであれ取り敢えず見ようという私自身の気風に倣いとことこ歩行かなにかいざ知らず田舎に於いて甘いはちみつが掛かったにんじんがぶら下がっているショッピングモール3階の映画館に行ったわけです。一月か二月のことです。チケットを券売機にて購入しスクリーンへのドアが立ち並ぶ魔境空間に足を踏み入れる前に私は一つの特典とやらを頂きました。なんかクールさを帯びたイケメン風が二人(だったような記憶)。困ったなぁ。何が困ったかというと個人的に原作の描写がどうであれ私、虐殺器官の虐殺の技法かそういう技で発展途上国を内乱に陥れるジョン・ポール(というお名前だったような記憶)さんは禿げてちょぽんとした口ひげをつけためがねおじさんを意識していたのに彼はイケメンにされていましたね。もちろん外交系だとかそんなお仕事のことなんて私全くもって生まれてこのかた縁なしの記憶ですから知りませんけれど、なんですか。かなりのイケメンさん揃いってわけなんですか。別に生前的問題はもはや霧消するほど余りにモノに溢れた社会ってわけなんですか。っということを書いていると少々どころではない話しの外れ方を展開しますけれど私が住む田舎町にウォール街で日々電卓を叩き続ける一人の男がですね、やってくる理由が幾つあるのかを考えてしまいました。そもそもほんの少し調べるわけではないですがウォール街に存在する人がどのような運命を築いて其処に存在するのか、日々何をしているかなんて知りませんので私は何もかけないというのが現実。あれですか、日本に出張するとかそのような話は存在するのでしょうか。それともなんらかの逃避行? 少なくとも身寄りの怪しく夢遊的に逃亡を果たしているお方がこの街を歩いていると明らかに目立ちます。だってこの街、人は其処まで歩いていないわけなんですから。
話を戻しましょう。とはいってもこれ以上書くことはありませんね。後は内容がちょぼらとね書くだけです。謎で不確かなものをね。あとこのアニメ、海外の方だとかも観るのかしら。日本在住ではない、ですよ。そうならば一体どのような層によって嗜まれるのかは気になるね。ではこの辺で。


〈あらすじ的な?( 自身の言葉も混ぜて)〉
主人公はアメリカの特殊部隊か知らんが空から落とされて内戦で酷い荒れようになった発展途上国に出向き内戦の要因となった男を暗殺する。偉い雰囲気で座りベートヴェンの月光を聞き込む男は主人公の刃に襲われながら最期の会話を為す。男は自身のやりたかったこととやったこととの齟齬に理解が追いつかず錯乱したまま主人公により死に追いやられてた。
ジョン・ポール。各地で起こる内乱に関わる男の名だ。彼を探し殺す任務が主人公に当てられた(記憶)。仕事仲間で少しお惚けた気のある男と共に何処かの国にジョン・ポールの匂いが確認された。女性関係である。主人公は身分を偽りジョン・ポール臭が確認された女性と話し込む。ジョン・ポールとは言語関係の仕事で共にしていたのか、していなかったのか。彼女を調査し続けているうちになんらかの穴にはまり込んだ主人公はジョン・ポールに出会い話し込む。虐殺の技法か、そうではないのか。まぁ色々教えてもらったってこと。
まぁ其処からは別の国、発展途上国を誑かすジョン・ポールを追いかけて遂に捕らえるのだが残念ながら彼の仲間かそうではない存在に電車で輸送中に襲われて取り逃がしてしまう。
その後のまた別の発展途上国で一人半ば命令無視にも近いかたちで空から飛び降りた主人公はジョン・ポールの元に向かい其処にいたジョン・ポールの匂いがつく女がまさか、戦闘に巻き込まれて死に、その銃弾を放った主人公の友達を主人公は殺してジョン・ポールと共に何処か野原が広がった空間にへといき最期主人公はジョン・ポールを殺した(記臆)。
そして最期主人公はアメリカ本島にてジョン・ポールが発展途上国にて流していた虐殺の技法とやらを流しアメリカは狂乱に導かれてゆくのでした。おしまい。

次回は フルメタル・パニック!