卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

フルメタル・パニック? ふもっふ

2017年 視聴アニメ

(始めの文章は全くもってふもっふとは関係なし。ただこの場所についての自身の思考を垂れ流し)。なにか自身とは違う担保に乗ってすいすい泳いでいるくせに其れに乗り続けない、続けていてもと感じてしまう自分は一体どのようにしたい? 生きるは分からん。分からなくてもよろしいのに。ただため息。


此処からふもっふの思考を描きたい。
僕はGONZOさんのフルメタル・パニックのアニメを気に入っていた為、なかなかこのギャグテイストで二期たる京都さんのフルメタル・パニックに簡単に入り込むことは出来なかった。事実ふーむという感覚で肌を接していた。
何と言ってもその後の京都アニメーションさん、日常というアニメを半ばまで見たことあるかたちにとってはどうしようもなく同じような匂いで構成されるお話、云えばフルメタル・パニックの舞台を使って演習をする感覚を一視聴者としてはどうしても感じてしまったのである(もちろん何年後から見たかたちの感想であることは逃げられない)。
しかしだからといってこのアニメ、評価低しとは言い難い。
何と言ってもOP。フルメタル・パニックの日常部分ともいえる箇所だけに絞ったこの作品、メイン女子たる千鳥かなめ相良宗介。記憶の瞬間の煌めきを尊さを映像に残す手法は素晴らしいというかそれだけで飯が食えます。見たことない人は一度観た方が良いOPです(少なくとも此の文章を読んでいるあなたならね)。
EDも最初は余りって感じでしたが何回も接して遠ざかると良いものが残っています。
まぁ遠ざかり思い返すと寧ろ一期より記憶に残る、観やすい作品だなぁという感覚。どちらもまた良いお話ですがそのような事実、今のかたちに残っています。

〈あらすじ(かたちに残るまこと勝手な…〉
事実は戦争と繋がっている日本の高校。まぁそうではあるけれどそんなもの関係なく日々は紡がれていく。
とてつもない力を秘めている少女を影で護衛する任務を任されている青年相良宗介は平和呆けた日本の高校生に紛れるも自身の当たり前の戦争との生活が全くもって彼をとんちんかんな男に魅せる。そんな相良宗介と当たり前の高校生生活。君もまた堪能していきませんか? かなり飛び抜けていますけれども…。


次回はFate/stay night