卵の殻保存同盟

落ちた鈍い殻はとてもおいしい、と思う

人の味

私は一体なにが出来るというの?
同じ場所、時間に囚われている私はいつまでも同一の行為、思考を繰り返す。
私という生物について考える。
私は、私の世界以外の行為と出逢えるはずがない。
私は世界、人の集まりに嵌められて呼吸する。
他人の中の私。
私は私の頭の中で暮らし。
私という生物の仕組みをあまり理解していない私。
私の全てというのはいかほどか?
私の全てほど、易いものはない。
僕という生き物の意味、出来ることはいったいなに?
僕が知っている行為なんて、どれほど知り得ているのか?
私は私の行為を立てていき。
私は私が暮らす街で毎日起きて寝る。
一体なにがあるというのか。
なにもない気がする。
全ては私の認めた通りに私の周りは廻っていく。
傲慢ってなんだろう。
認めているくせに、変な感情を過去に積み上げていくから、傲慢か。
頭の中で暮らしたくはない。結局生活って奴はどのように廻してもひっついてくるし。
僕は僕の認めたことに基づいて生活したいな。
成長主義者かどうかなんて知らないけれど、どのように生きても、私は私の域を越えられないことは知識以上に少しずつわかり始めているから、だからね私の認めたものに生きていきたい。
僕に現実は遠かった。世界の認識以降をものに出来ていない人間だった。
自分で積み上げていくほかない。どのように積み上がっていくかなんて知らないけれど。
僕は僕に生きるさ。今日もまた同じこと言って、明日にいく。
いつも一緒だ。話すことは変わらない。だからこそ、示すこと、私を示すことに気を配って生きていく。
また明日と、今と、そのような話。
私じゃどうすることも出来ない。ならば、どうして見えてしまったの?
世界の何処に私が存在しているかというと此処しかない。
明日にいきたい。明日にいって眠りたい。
何もかも少ないけれども、それしかないから。
眠る。起きて、泡を吐く。
僕は生きています。主張出来ません。
人と共に生きるには遅く、ゆったりで、なにも足りていません。
しかし生きているようです。生きていると聞くと、生きていると言われます。
僕には生きているは遠いなんて話せません。
僕は生きているのだから。生活しなければならないのだから。
僕の身体に時間と感情はみちすぎた。
子供と思春期と鬱屈の羊には花束が空から降ってきます。
私にはもう花束は降ってきません。花束は花束を胸に抱え過ぎたものがその世界から降らします。
私は花束をどれほど持っているのか知りませんが、私は私の位置からなにも考えず形を崩さず胸からゆったりと花束と呼ばれる感情を言葉に込めて離します。
私の言葉はいったい彼らにどのような姿を示すのでしょうか。
あまりに人間には足りなさ過ぎても、生きることを続けられた私の言葉の力よ。
私は私以外に縋るものはないのです。そのような言葉を吐かなければならない。
私に私に生きて私の人生に私を垂らす。
私は私に垂れて死にたい。
此れは嘘で、でも本当になると思う。
本当になれば良いんだ。生きるものを感じられれば良いんだ。それが良いことだと思うんだ。
っていうことでまた明日。生きていれば会えると思うよ。死んだら会えないね。それは仕方ないね。では明日。良い今日を迎えてね。僕は迎えたいからね。では。