かたち書房

私の大海は、ここ。

王道を歩めやshooting star

表現は熱と真剣さと真面目さと適当さで世界に表出されると思っている。今の僕がどのような経緯を経て、成長していくのかはわからない。今信じるしかなかった取るに足りない考えをどのように廃棄して新たな健全な思想を培っていくのか、達成されるのかわから…

雨に溺れる[詩]

たくさん雨が降ってまいりました。海が出来上がっていくのです。水の惑星なのです。方舟に消えていった爺さま、私を置いていかれました。爺さまは私のことを忘れてしまったのでしょうか。お部屋が水浸しです。びしょ濡れです。それはともかく皆様、お亡くな…

正体を

何の為に生きていくのか。生きれるのか。理由が未だ掴めない。何をしたいのか。何をしていくのか。早く判りたくてやきもきするのだが、なかなか分からない。健康的な生活に文化は必要だ。しかしある人は文化は世の中にとって有害、無駄であると話す。僕もそ…

サメジマ・マミ美は町を出て行った

何にもない、何が始まるわけでもない町。社会を、町を営む人々の喜怒哀楽はあるが、特別心を震わせるなにかなんて存在しない町。大きなスケールは外からやってくるが、彼らは嵐のように町をやってきて、荒らすだけ荒らして帰っていく。色々あって特に世界に…

人との関係を本のように感じている。本は色々な種類があり、色々な人、場所にある。今猛烈に読みたい本があるのだが、私もまた本であって、別の誰かに読まれるために幾つか本を挟んで正面を向いている。私は人となって、その本を読んで、笑い泣き苦しみたい…

他人に感じていたこと

出会う人の至らなさ、物足りなさ。其れはその人の性質ではない。私が選んだ選択に対する私の所感が込められているだけ。私は申し訳なく思う。私は私を恥じて、努力するべきなのだ。この方向の知覚を深めたい。私は物事を出来る限り、そのままで眺める能力が…

予定

来月終わるまでには一つ冊子を作ろうと考えていて内容としては・自分の小説・エッセー的な・好きなアニメ、漫画、小説の紹介・印象に残る創作物のシーンを語るというところで纏めてみようかと思います。最初は自分一人で書きますが、やっていくうちに好きな…

貴重な瞬間

貴重で素敵な休みでいるために頑張れているか。アイカツのオフ回のピクニックを思い出す。今を懸命に頑張れているか。なかなかに頑張ることは難しい。そう言っているうちに時間は終わる。僕に出来る限りをやり切らなければならない。

ブログの名称を変更した。

玉青

ストロベリーパニックというアニメに出てくる玉青というキャラクターのことをふと考えた。玉青は友人という存在が求められる環境に暮らしながらも、出会えなかった人間だった。寮の同室、二人で日々を語らう友は彼女には居なくて孤独な時間を過ごし続けた。…

眠れん

眠れない。寝る気がないのだ。何もかもどのように受け止めるか、だ。人間は今この場所にしか居られない。二つの場所で呼吸はできない。一つの損得に左右されるしかない。何を大切にするのか。どのように動かされていくのか。生きている実感が必ずしも大切で…

今日は散歩をしました。散歩模様はまた別日にブログに記事として残そうかと思っています。今日は家で本を読もうかと思っていたのですが、久しぶりの休みやったし。ただ家の中で一日篭るもなーって思い、近場の古本屋を巡ってみようかなと思ったのです。古本…

自己満足の域

結構な頻度で自己満足の域を出られずに行動してしまおうとする。そのような自分はあまり好きではない。自分は自身の成長、23歳という社会生活上では闘わざるを得ない年齢を迎えながら未だに将来の糧を念頭に置こうとする潜在的な逃亡心が潜んでいる。僕が文…

大きなせかい

生まれたときから死は迫っている。根源的な喜び、幸福。我々は有するものへ近づくために一族の剣を有して未来へと祈りを繋げている。たった一つのこの生命に込められた意思。大切に守ろうとする私とは一体どれほどの価値があるのか。生命の誕生に祝福を与え…

足りない愛の貧困

人は運命の連続に対し、姿勢の有無に関わらず向き合うこととなっている。目の前で展開される世界はその後に関わってくるし、止まれって祈っても過ぎ去っていく。 今日、電車が止まった。目的地まであと一駅。降りるか降りないか。僕は降りないことを選択した…

自分なんて醜いんだと思う。僕自身の失敗でもあるのに、他人が仕事を履行していなかったことを恨み、僕自身の失策を見逃していた。輝きを覚えた人に対して、どうしても近づけない否定を、胸に深くいびつな傷として抱え込んでいる。消化することも何かするこ…

変わったかなんてわかるはずがない

今日の悶えは明日消え去るわけではなく、今日は今日で。明日はまた明日という連続性の中で遮断されており、全く別の問題でしかないと最近は感じている。今まで僕は悶えることに苦しみを覚えていた。世界と繋がられた僕の文脈、我儘な僕の囲いの中の思想。そ…

久しぶりに

久方ぶりに投稿(≧∇≦) 近況報告するのが筋かなとは思いますが、する気はありません。ただ今思っていることを書き記すだけです。最近は自分の好き嫌いの激しさにびっくりしています。昔は嫌いのない子かなって思っていたんですけれど、嫌いなものは多いけれ…

次のブログへ

yorokobinokanata.hatenablog.com これからは上記のブログで記事をアップしていこうと思います。 どうなっていくのかは自分には分かりませんが、良い感じに自分が変化していけるよう、努力できるよう、生きていきたいなって最近は思います。 本当に人間とし…

自分の気持ちを隠してくれるな。

恐れず前に進んでいこう。事物は積まれていくんだから。

いま嫌なのは、ぽく、って言葉。私っぽく、人間っぽく、真面目っぽく、大人っぽく。いい加減でもいいけれど、だめ。嬉しさを求めて行動している。本当でありたい。てきとうな感じで褒められても、げんなりするだけだから。

自分との競争

色々なことがわからないから、分かるまでの自分との競争だ。負けたくない。

思考回路を剥がしていく毎日だ。

思考回路を剥がしていく毎日だ。

沢山の人、血、汗、涙。僕はそれを一つずつ確かめていく。しあわせ。

自分を見つけたいな。先輩方のように。

自分の感性がクソみたいなものって感じて、だからやったろじゃんって思って、そこから改善されていくって、幸せ! 愛してる! やっほい!

外へ行くとあの時のアレやコレやがそこらじゅうで生きていて、僕は一体今どこにいるのか不安になって、心が揺さぶられてしまう。自らの視線に蓋をしなくちゃやっていけない。蓋をしたら生きてなんかいられない。未来はなんだろう。どのような考えを抱いてい…

ほかにどんな目で見るんです、わたしがあなたを愛してるとしたら? あなたはわたしの幸せで、命で、わたしの青春だ。この気持ちが報われる見込みは万に一つもない、ほとんどゼロに等しいことは、よくわかっている。わたしは何も求めない。せめてあなたを眺め…

自分の認識が自分とは違うポイントで揺さぶられる。自分はまだまだと思う。自分が思っている部分以上に自分は凝り固まっていて、それを以前よりも薄ぼんやりと認識し始めている。良い状態だと思う。真人間になりたいのではなくて、自分自身が抱え込んだもの…