かたち書房

私の大海は、ここ。

他人に感じていたこと

出会う人の至らなさ、物足りなさ。
其れはその人の性質ではない。
私が選んだ選択に対する私の所感が込められているだけ。
私は申し訳なく思う。私は私を恥じて、努力するべきなのだ。
この方向の知覚を深めたい。私は物事を出来る限り、そのままで眺める能力が欲しい。
私はそのように変わりたい。私自身がしっかりと生きていけるように。